チラシデザイン制作

チラシデザイン制作

売れるチラシの条件とは

販促物で、一般的な折込チラシ。比較的に簡単に作れ、広告物の代表と言えます。
最近では、その折込チラシも反応が悪く、出し渋りをされているお店が多いように感じます。
反応が悪くなった原因は、ネットで簡単に物が買えたりしているからではなく、ニーズやターゲット、デザインコンセプトが定まっていないことではないでしょうか。
チラシ戦略を一緒に考え、より効果の高く、ブランディングを行えるチラシデザインをつくりませんか?

flyerimg1
1 0.2秒で判断

消費者が多くのチラシ見る1枚当たりの判断時間は0.2秒と言われています。たくさんあるチラシから選んでいただくにはインパクトが必要と言えます。
手書き風チラシや号外風チラシ、奇抜な写真を用いたチラシなど、他のチラシと差別できるデザインにすることが大事です。

2 ターゲット

折込エリアや配布エリアを選定する際に、集客するターゲットを特定させる事が大事です。
それにより地域性を考えたデザイン(表現方法や色調など)にしなくてはいけません。

flyerimg2
3 キャッチコピー

よりインパクトを与えると言う意味では、最初に見るであろうタイトルが重要になってきます。
他がしない表現を用いるなどしてより効果的な演出が必要です。

4 チラシの中にストーリーを

チラシデザインをどのようにレイアウトするかで、消費者の印象は変わってきます。
企業がどのような物を消費者に提供したいのか、タイトルから写真、詳細説明に至るまで一つの流れにそって落とし込まなくては消費者には伝わりません。
一つの物語を感じてもらえるような表現方法が大切です。

5 他社との差別化

あなたのお店は他社とはまるで違います。そのことに気が付かず、他社チラシと同様の表現をしていてはいけません。
最近では、各業種専門でチラシのパッケージ売りをしている印刷屋がありますが、他社と同じチラシで企業イメージは伝わるでしょうか?
まず、経営理念や企業方針、営業戦略を見直し、自社の秀でてる点を書き上げ、チラシに落とし込みましょう。

6 目的を明確に

チラシを作る際に欲張って色々な情報を入れたがるお客様が多いですが、結果コンセプトから外れ、何がいいたいのかわからないチラシになってしまいます。
情報量の多いチラシとコンセプトがバラバラなチラシは違います。今回のチラシにはどういう意味があるのかを定めた上での進めて行かなければいけません。

7 集客方法を考える

チラシを見た消費者が、どうやってお店まで来るのかを考え、それをしっかり伝える事が大事です。
来客を考えるなら地図を大きく、電話での問い合わせ中心なら電話番号を大きく表示させ、ネットならURLや検索方法を見やすくしなくてはいけません。
せっかく作ったチラシもアクセスがしにくければ収益に繋がりません。

8 安心感こそ来客に繋がる

店の写真やスタッフなどの写真を掲載する事で、より親しみが出、安心感へと繋がります。
特に長くお店等で消費者と接する時間の長いお店は、スタッフ等の写真が必須ではないでしょうか。
また、実績等も写真での掲載があると安心に繋がります。

チラシ・フライヤーデザイン制作料金

チラシデザイン制作費になります。業務内容やイベント内容等をご連絡いただければ、デザインレイアウトのご提案をさせていただきます。(ここまでの費用は無料となります)
その後、正式依頼していただき、資料等が揃い次第デザイン制作に入らせていただきます。

用紙サイズ 片面デザイン 両面デザイン
A4 ¥30,000 ¥55,000
A3 ¥35,000 ¥60,000
B5 ¥30,000 ¥55,000
B4 ¥35,000 ¥60,000

※上記は消費税別価格になります。
※上記はデザイン制作のみの料金になります。印刷料金は別途ご確認ください。
※正式依頼後のキャンセルは致しかねます。
※デザイン修正は、基本3回までとなり、4回目からは別途費用が発生いたします。
※パンフレットなど、ページ数が増える場合(A4用紙2つ折りなど)は、別途ページレイアウト代(1ページ当たり2,500円)が必要になります。

お問い合わせはこちらから
サムズジャパンとは
リンク集
お問い合わせ前にご確認ください

facebook

Facebook By Weblizar Powered By Weblizar
PAGE TOP