コーヒーは断然フレンチプレス派

皆さんは普段コーヒーをいただく際にどんな抽出方法でお飲みになられますか?
ほとんど方はペーパードリップではないでしょうか?

コーヒーの抽出方法は、ペーパードリップやネルドリップ、サイフォン、フレンチプレス、エアロプレス、クレバーなど他にも様々な方法があります。
それぞれ抽出の仕方によって味わいが異なってくるのですが、私は普段コーヒーをいただく際にしているのはフレンチプレスです。
あまり馴染みがない方も多いのではないでしょうか。
喫茶店でもあまりプレス式でいただける所がないので、知らない方が多いのは当然だと思います。
(スターバックスさんではメニューには載っていませんが、言えば出してもらえます。)

プレスコーヒーは、ペーパーやネルなどを用いる事無く抽出するので、豆が持つポテンシャルを余すことなく味わえる抽出方法で、豆の油分でまろやかな味わいになるのが特徴です。
またサイフォンに挽いた豆を入れ、4分待つだけでコーヒーを楽しめるので、初心者でも簡単な飲み方と言えます。
コーヒー豆の成分が全て出るので、油分に好き嫌いが分かれるみたいですが、私はこの方法でいただいてからコーヒーの虜になりました。

コーヒー好きな方のみならず、嫌いな方も一度試されてみてはと思います。

フレンチプレスのいただき方

1.コーヒー豆を中挽きから粗挽き程度にします。
1杯分の目安は12~15g程度で、作る杯数を用意します。(お湯は1杯160cc程度として)
お湯は90度程度がいいかと思います。あまり高すぎる温度だとエグ味が出るので注意しましょう。

2.サイフォンを温めましょう。
サイフォンにコーヒーを入れる前にお湯を入れ、温める事で作った際の温度低下がなく、抽出時のムラを防げます。

3.挽いたコーヒーを作る杯数分入れます。
温めておいたお湯を捨て、サイフォンの中にコーヒーを入れます。

4.お湯をコーヒーが浸るまで入れましょう。
ここで全てのお湯を入れるのではなく、コーヒーが浸るぐらいまでにすることで、豆を抽出しやすいように蒸らします。
そして30~60秒程度待ちます。

5.残りのお湯を注ぎます。
注ぐ際はできるだけコーヒーを攪拌しないようにしましょう。
攪拌することで早めに攪拌され、余分な成分が出てまろやかさが保てなくなります。

6.サイフォンの蓋をして4分間じっと待ちます。
蓋のつまみを上げた状態で、コーヒーが抽出されるまで待ちましょう。

7.つまみを下げて(プレス)して、コーヒーを濾し、注ぎましょう。
ふたのつまみをそっと下までプレスします。
カップやサーバーに注いで、かるくかき混ぜればできあがりです。
※注ぐ際は最後までお湯を入れると、コーヒーの粉がカップに注がれ、ジャリジャリしますので、少し残す程度で注ぎましょう。

フレンチプレスは100均でも購入できるとyoutubeで見たことがありますが、モノによって味が結構変わります。
私は現在「BODUMの10948-01J」を使用しています。
以前は「HARIO THJN-2HSV」や「PEARL METAL HB-552」、「HARIO CPSS-2TB」などを使っていました。
どれも美味しく飲めますし、そんなに高価なものでも無いので、お試しください。

 
 滋賀県ランキングにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ

EVENT

7月
10
全日 テレビドラマの世界~スカーレット... @ 旧信楽伝統産業会館
テレビドラマの世界~スカーレット... @ 旧信楽伝統産業会館
7月 10 – 8月 31 全日
テレビドラマの世界~スカーレットの舞台 甲賀市信楽~ @ 旧信楽伝統産業会館
NHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台となった滋賀県甲賀市では、「テレビドラマの世界~スカーレットの舞台 甲賀市信楽~」を7月10日から開催します。 ドラマ放映中に開催されていた「スカーレット展」が新型コロナウイルスの感染拡大に伴い会期途中で中止となったことで、多くの皆様から再開を望む声が寄せられ、このほど新たな展示が実現することとなりました。 会場では、ドラマに登場した小道具や衣装の展示をはじめ、ヒロイン喜美子が陶芸に熱意を燃やした穴窯やかわはら工房、登場人物たちが通ったカフェ「サニー」のセットがスタジオから移築され、ドラマの世界観を体感できる見ごたえのある展示となっています。 <会  期> 令和2年7月10日(金)~(水曜休館) <開館時間> 9時~17時 <場  所> 旧信楽伝統産業会館(滋賀県甲賀市信楽町長野1142) <主  催> 信楽高原鐵道株式会社、信楽町観光協会、「スカーレット」で甲賀を盛り上げる推進協議会 ※入場無料 来場の際はマスクの着用など感染予防対策をお願いします。 なお、7月中は滋賀県内の方を対象とし、状況を見ながら8月以降は全国から来場いただけるよう段階的に拡大する予定です。 問い合わせ:会場直通TEL0748-70‐2466

LOCAL LINK

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ
PAGE TOP