チラシ制作を依頼する際に準備しておきたいこと

チラシ制作を行っているのは当社のようなデザイン会社や印刷会社の他に、個人のデザイナーも存在しており、複数の選択肢の中から選択できるが故に各々に合っている所を選び抜いて依頼しましょう。

プロデザイナーとクリエイターが属しているからこそ、デザイン会社は専門性が高い技術や知識を駆使してくれますし、デザインをする方と直接的にやり取りをした上で依頼可能なので、理想的なチラシに仕上がりやすいです。

デザイン会社を選ぶポイントは費用?

また、今日ではインターネットのサービスを利用して個人的に活躍をしているデザイナーと繋がりやすいのに加え、依頼しやすい環境が整えられているのでインターネット上で完結させたい時に重宝しますが、打ち合わせが密に行えないことから、かっこよく作られていても効果が出なかったりすることもあります。
それはネットに限らず印刷屋でも同じことが言えますが、目的はかっこいいチラシを作ることではなく、効果が出るものを作るということです。

チラシを作る際に入札などの金額で業者を選ぶ企業がありますが、チラシ代に30万円かけて100万円の売り上げを上げるのと、チラシ代を50万円かけて300万円の売り上げを上げるのではどちらがいいかということです。
ようは売上目標が300万円だから広告宣伝費は50万円以内で行い、より効果を出してもらうにはどの業者がいいのだろうかと考えるのが、正しいと言えるでしょう。
デザインは既製品とは違うので、作るデザイナーによって効果は変わります。

事前に目的やターゲットを絞っておくこと

このようにチラシ制作をする術には色々な選択肢があるものの、共通しているのは事前に作成する目的ターゲット(ペルソナ)をはっきりとさせる事です。

そのため、チラシに記す内容が子供向けであるのなら子供にも目を向けてもらいたいデザインにするなど、手に取ってもらった後にじっくりと見てもらえるようにするのが大事です。

そして、既に高い認知度を誇っている物事があったり、意識的にアピールしていきたいと考えている写真やロゴなどがあるのなら、依頼する時に渡しておけるようにしておきましょう。

さらに、チラシ制作はできるだけ速やかに見てもらいたい人に見てもらった方が購入などのアクションを立てる計画を持ってもらいやすくなるため、依頼から完成に至るまで迅速にする事もポイントです。

大人を対象にしているのなら落ち着いた雰囲気にし、子供向けであるのなら多くの色を使用して鮮やかにするといった戦略が求められます。

このように事前に商品やサービスの目的や戦略を明確にし、以前にも述べたパルソナを定めデザインを依頼することで、より効果の高いアピールができると思います。
仮に効果が出なかった場合であっても、なぜ悪かったのかという検証もできます。

 

EVENT

今後のイベントはありません。

LOCAL LINK

PROMOTION VIDEO

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ

Access

  • 569,053
PAGE TOP