Instagramの広告にかかる費用について

当社でも定期的にUPしているInstagram、現在の登録者数はなんと10億人。日本だけでも3,300万人とすごい登録者数です。
Facebookではそれを上回る25億人、twitterは3億3,000万人。
世界に発信するならFacebookは非常に優れている広告媒体かもしれません。

少し前まではInstagramは、若い世代で女性が利用するSNSだったように思いますが、最近では40代50代の利用者も増えてきました。

今回はそんなInstagramで広告を出す方法やそのメリット等について書いていきたいと思います。
Instagram広告は、最低100円から運用可能で、その手軽さから広告を検討される企業も増えています。

インスタグラムでの広告の費用

Instagram広告はセルフサーブ型といって、予算や配信期間などを自由に設定することができ、少ない予算でも企業に合った広告を打つことができます。
設定金額は最低100円からできますが、現実的な金額としては数1,000円単位からになりますね。

4種類の課金方法

インスタグラムは4種類の課金方法からなります。

①CPM
インプレッション数に応じて料金が発生する課金方法になります。
広告がユーザーのフィードに1,000回表示されるごとに広告費がかかります。
この課金方法は、よりたくさんの人に広告を見てもらい、認知拡大をはかりたい時に向いています。
※インプレッション数とは、広告が表示された回数のことです。

②CPC
広告がクリックされる度に料金が発生する課金方法になります。
自社サイトやアプリダウンロードページへの誘導、商品購入が目的である時になどに向いています。

③CPI
CPIは、アプリがインストールされる度に料金が発生する課金方法になります。
アプリのインストールを目的としているキャンペーンに向いています。

④CPV
CPVは、動画の再生時間に応じて料金が発生する課金方法になります。
動画のほとんどが再生される、または再生数が合計10秒以上になると広告費がかかります。

広告で成果を出すテクニック

①サービスや商品をどのような人に見てもらいたいかを決める。
②画像や動画を見てもらい立ち止まってもらえるようにインパクトのあるものにする。
③ハッシュタグをうまく使い誘導する。

インスタグラム広告は地域や世代など細かくターゲティング設定ができるので、効果的に伝えたい人に広告を入れることができます。
ただ何の変哲もない画像が上がっていれば表示されても興味を示してもらえません。画像は目に留まるようクリエイティブなものにした方がいいと思います。
また、ハッシュタグを上手に使って、ブランドの認知拡大やキーワード検索からの流入を狙うのも効果的です。

書かせていただいた通り、低予算からターゲティングを絞った広告が打てるので、一度試されても損はないかと思います。
ぜひご参考に。

 
 滋賀県ランキングにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ

EVENT

5月
30
10:00 AM 甲賀流ダンスコンテスト&2on2 フ... @ 甲賀流リアル忍者館 屋外
甲賀流ダンスコンテスト&2on2 フ... @ 甲賀流リアル忍者館 屋外
5月 30 @ 10:00 AM
甲賀流ダンスコンテスト&2on2 フリースタイルダンスバトル @ 甲賀流リアル忍者館 屋外
日時:2021年5月30日(日) 10:00~(雨天時延期) 場所:甲賀流リアル忍者館 屋外 優勝賞金:コンテスト 1万円 ・ 2on2 1万円 個人賞など、多数の賞があります エントリー方法(エントリー費:無料) 〇バトルエントリー(2on2 フリースタイルダンスバトル) 32組限定 チーム名/メンバー/レペゼン/ジャンルを明記の上、dancestudio_line@yahoo.co.jpへ 〇コンテストエントリー 20組限定 チーム名/メンバー/ジャンルを明記の上、dancestudio_line@yahoo.co.jpへ 問い合わせ (一社)甲賀市観光まちづくり協会 0748-60-2690
6月
12
1:30 PM 甲賀流忍者検定
甲賀流忍者検定
6月 12 @ 1:30 PM
甲賀流忍者検定
<場 所> 〇初級 忍の里プララ(甲賀市甲南町竜法師) 〇中級・上級 竜法師公民館(プララ近く) <受検料> 各級共に3,000円 <申込み> 5月6日(木)より メール又はFAXにて ※詳しくは、5月6日以降の甲賀市観光ガイドHPをご覧ください <定 員> 初級50名 中級30名 上級10名 (いづれも先着順に受付けます) ※コロナ感染拡大対策の為受検者数を制限しました

LOCAL LINK

PROMOTION VIDEO

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ
PAGE TOP