STAFF BLOG

チラシ制作を依頼する際に準備しておきたいこと

チラシ制作を行っているのは当社のようなデザイン会社や印刷会社の他に、個人のデザイナーも存在しており、複数の選択肢の中から選択できるが故に各々に合っている所を選び抜いて依頼しましょう。

プロデザイナーとクリエイターが属しているからこそ、デザイン会社は専門性が高い技術や知識を駆使してくれますし、デザインをする方と直接的にやり取りをした上で依頼可能なので、理想的なチラシに仕上がりやすいです。

デザイン会社を選ぶポイントは費用?

また、今日ではインターネットのサービスを利用して個人的に活躍をしているデザイナーと繋がりやすいのに加え、依頼しやすい環境が整えられているのでインターネット上で完結させたい時に重宝しますが、打ち合わせが密に行えないことから、かっこよく作られていても効果が出なかったりすることもあります。
それはネットに限らず印刷屋でも同じことが言えますが、目的はかっこいいチラシを作ることではなく、効果が出るものを作るということです。

チラシを作る際に入札などの金額で業者を選ぶ企業がありますが、チラシ代に30万円かけて100万円の売り上げを上げるのと、チラシ代を50万円かけて300万円の売り上げを上げるのではどちらがいいかということです。
ようは売上目標が300万円だから広告宣伝費は50万円以内で行い、より効果を出してもらうにはどの業者がいいのだろうかと考えるのが、正しいと言えるでしょう。
デザインは既製品とは違うので、作るデザイナーによって効果は変わります。

事前に目的やターゲットを絞っておくこと

このようにチラシ制作をする術には色々な選択肢があるものの、共通しているのは事前に作成する目的ターゲット(ペルソナ)をはっきりとさせる事です。

そのため、チラシに記す内容が子供向けであるのなら子供にも目を向けてもらいたいデザインにするなど、手に取ってもらった後にじっくりと見てもらえるようにするのが大事です。

そして、既に高い認知度を誇っている物事があったり、意識的にアピールしていきたいと考えている写真やロゴなどがあるのなら、依頼する時に渡しておけるようにしておきましょう。

さらに、チラシ制作はできるだけ速やかに見てもらいたい人に見てもらった方が購入などのアクションを立てる計画を持ってもらいやすくなるため、依頼から完成に至るまで迅速にする事もポイントです。

大人を対象にしているのなら落ち着いた雰囲気にし、子供向けであるのなら多くの色を使用して鮮やかにするといった戦略が求められます。

このように事前に商品やサービスの目的や戦略を明確にし、以前にも述べたパルソナを定めデザインを依頼することで、より効果の高いアピールができると思います。
仮に効果が出なかった場合であっても、なぜ悪かったのかという検証もできます。


ホームページ制作後の更新頻度について

ホームページ制作は作って公開して終わりではなく、更新を含めた運用を行うことが基本となります。
更新頻度に特に決まりはなくケースバイケースですが、最低でも1ヶ月に1回は情報を更新して、運用が続けられていることを発信する必要があるでしょう。
比較的小規模の企業だと、ページの更新になかなか手が回らないことがあるので、無理のないペースで更新していくことが目標となります。

理想は1週間に1回以上の更新頻度ですが、これはホームページ運用の担当者がいる場合で、ホームページ制作後の管理を業務とするスタッフが存在するケースが該当します。

特定のスタッフなしで手の空いている人がページを更新する運用だと、ホームページ制作直後は更新頻度が保てても、やがて忙しいなどの理由をつけて誰も運用に協力しなくなります。
その為、専属のスタッフを配置しない場合は運用を任せる人を選任して、交代で管理や更新してもらうのが正解です。
予算に余裕があれば外部に委託する手もありますが、余程ホームページに力を入れていない限りは難しいでしょう。

ホームページ制作が始めてだったり、運用のイロハが分からない場合は、とりあえず毎日少しずつでも更新してみることをおすすめします。
理由は負担に感じられなければそのまま続けられますし、負担が大きくなってくれば自然と更新頻度が落ちるからです。
つまり、負担にならない更新頻度に落ち着くことになるので、テスト的に毎日更新するのは合理的だといえます。

しかし大事なのは何のためにホームページを運用するか、目的を明確にしたり忘れないようにページを更新することです。
ホームページは情報を発信する媒体ですから、ページの更新が目的になってしまっては本末転倒です。
ページの更新頻度は必要な時に無理のない範囲で、それがホームページ制作後に重要なポイントとなってきます。
集客効果を上げたり、利益に繋がるホームページの運用を行いたい気持ちは分かりますが、焦らず肩肘を張らない運用のスタイルを見つけることが大切です。


商品撮影のコツについて

商品撮影って難しいと思いますよね。
同じ商品であっても、写真の印象によって需要が顕著に異なる様子から商品撮影における写真の出来栄えの重要性は高く、特に大事なのが全体的な明るさについてです。

商品撮影をする時にはまんべんなく明るくするのと共に、色の強さなどについても自然な印象にする事が求められるため、撮影をする際には太陽光を活用しましょう。
しかも、一言で太陽光と言っても午前や午後では強さや色味などに差異があるので、撮影をする商品の特徴を思慮して1日の中でより良い時間帯を選ぶのも大事です。

また、商品撮影をする際には主役になるのが商品であるが故に主役のみに着目してしまいやすいものですが、一見した時の印象は背景にも大きく影響を受けるため、主役である商品のみに限らず背景にも忘れずに目を向けましょう。
商品撮影をする時の背景の色として適しているのが白色であり、白色は主役の色と共に形状に至るまではっきりとさせてくれるので、画像のみで詳細を理解しようとしている方々にとって頼もしい様子になります。

そのように背景の色は白色を基本として考えつつも、被写体がアクセサリーなどである事例では光沢感があるアクセサリーをより一層際立たせるべく、黒色にすると良いです。
そして、商品撮影をする時に被写体や背景などに関わらず全てに共通して必要になる物として挙げられるのがカメラですが、今日ではスマートフォンにも高機能なカメラが搭載されているためスマートフォンのカメラを用いる方も稀有ではありません。

スマートフォンのカメラは被写界深度や露出、ホワイトバランスなどあらゆる点が自動化されているので、被写体に対してスマートフォンのカメラレンズを向けてボタンをタッチするのみで良いのが特徴です。
一方、一眼レフやミラーレスなどのカメラは意識的に被写界深度が柔軟に変更できたり、仕上がり後の様子を目にしながら露出なども決められるため、ますます自分好みの商品撮影がしやすいです。


EVENT

5月
31
全日 しがのフォトコン!!2021
しがのフォトコン!!2021
5月 31 2021 – 2月 14 2022 全日
しがのフォトコン!!2021
びわこビジターズビューローが開催するフォトコンテストが始まりました。 滋賀ならではの絶景写真や心和む身近な風景写真など、滋賀を好きになる作品のご投稿を送って素敵なものをGETしましょう! テーマは「魅力ある滋賀」 身近な所で見つけたとっておきの風景や紹介したくなる滋賀の四季を収めた写真が随時UPされています。 ぜひ素敵な一枚を送ってみましょう。 募集期間:2021年05月31日~2022年02月14日 応募規約:こちらから確認いただけます 入賞賞品:フォトコンテストには、滋賀県内各地の市町・観光協会が協賛。 入賞者には地元スイーツや観光チケットなど、滋賀県各地からの逸品をプレゼント♪ しがのフォトコン詳細ページ

LOCAL LINK

PROMOTION VIDEO

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ

Access

  • 463,016
PAGE TOP