STAFF BLOG

琵琶湖博物館から癒しの動画配信が公開されました。

琵琶湖博物館(滋賀県草津市)は、7月17日(金)に、公式Youtubeにて動画「トンネル水槽をゆったりと泳ぐ魚たち」を公開されました。
「トンネル水槽をゆったり泳ぐ魚たち」は琵琶湖博物館の水族展示の一つである「トンネル水槽」を撮影した動画になります。
トンネル水槽はまるで琵琶湖の底にいるような体験ができる大型水槽です。
水槽の中には、コイやフナ、ナマズなど約9種の魚が泳いでいます。琵琶湖にしかいない、ビワマスの姿も見ることができます。
時には飼育員が水槽の清掃を行っているなど琵琶湖博物館の普段のトンネル水槽の様子をお届けします。

琵琶湖のコアユやイワナなど、癒しの水槽動画も配信予定
他にも「琵琶湖のコアユ」水槽や、アマゴやイワナを展示する「渓流にすむ魚」水槽、ギンブナやニゴロブナ、絶滅危惧種でもあるカワバタモロコなどがすむ内湖・ヨシ原を再現した「内湖・ヨシ原にすむ魚たち」水槽の様子など、今後も水族展示を琵琶湖博物館の公式Youtubeで配信していく予定です。

癒し動画を見て、昨今のネガティブな気分を払拭するんではないでしょうか?


先払いで宿泊施設を支援するプロジェクト「あと宿」が始まりました!

先日から始まったホテル予約システム「あと宿」。
県旅館ホテル生活衛生同業組合が県内の宿泊施設を支援するため、事前に購入した宿泊チケットの半額を助成するキャンペーンが15日に始まり、チケットの販売を開始した午前10時からわずか9分で、予定金額分に達して完売した。

キャンペーンは、新型コロナ禍での新しい宿泊予約の仕組みとして5
月に始まった「あと宿」のシステムを活用。後日に利用できる宿泊チケットを購入し、代金の半分を事前に宿泊施設に支払うことで、すぐに旅行には行けなくとも、施設を応援することができる。

チケットは5,000円と10,000円の二種類あり。県内49カ所の旅館、ホテルなどが対象となっています。

購入金額の半額を同組合が助成する仕組みで、同組合にはキャンペーン開始前から問い合わせの電話が殺到。発売後すぐに予定金額の2百万円に達し、販売を終了した。88人が購入した。

あと宿とは

  • 宿泊日を決めるのは後でOK!
  • 購入額に合わせて宿へ一部前払い+あと宿の手数料はなく寄付されるため、より大きな宿支援に繋がります
  • 「あと宿」にしかない特典付きの宿も! ここだけの旅を楽しもう

  • 利用客が支援したい宿泊施設のチケットを購入すると、宿泊施設に宿泊代の約5割が事前に支払われるシステム。購入時に宿泊日を指定する必要はなく、新型コロナウイルスの状況や都合に合わせて好きな時に利用でき、宿泊後、残りの代金が宿泊施設に支払われる。事前に代金が支払われることで、宿泊施設のキャッシュフローを改善することができるwinwinなシステムです。


    マイナポイントが貯まる!ポイント25%還元!

    一律10万円給付の「特別定額給付金」のオンライン申請で注目された「マイナンバーカード」。
    2020年7月より、カード保持者が5,000円を上限として25%のポイント還元を受けられる「マイナポイント事業」の登録がスタートしています。

    マイナポイントに紐付けられる決済事業者は1つしか登録できないため、各決済事業者は独自の還元やキャンペーンを実施し、一人でも多くのユーザーに紐付けてもらいたいところだ。

    マイナポイント事業とは?

    マイナポイント事業は、「消費の活性化」、「マイナンバーカードの普及促進」、「官民キャッシュレス決済基盤の構築」を目的に総務省が9月からはじめる事業。6月末まで実施していたキャッシュレス還元事業とは異なり、「マイナンバーカードの普及促進」が目的となり、マイナンバーカードを保有している方が対象になります。

    登録はスマホやパソコン、マルチコピー機などでも
    スマートフォンの決済アプリやマイナポイントアプリのほかパソコン、コンビニのマルチコピー機、ATM、マイナポイント手続きスポットから登録できる。
    ただし、決済事業者によってマルチコピー機など一部対応していないことがある。

    マイナポイントのスケジュール
    1.マイナンバーカードの取得
    マイナポイントの申込みにはマイナンバーカードが“必須“です。
    2.マイナポイントを予約
    「マイキーID」を発行します
    3.キャッシュレス決済サービスの登録(7月~)
    7月1日から開始。“どれかひとつ”決済サービスを選択。一度選ぶと変更不可。
    4.決済やチャージの利用(9月~)
    2020年9月1日から2021年3月31日まで。ポイントの付与方法や付与時期は決済サービスによって異なります。

    一番重要なのはマイナンバーカードの取得。1人10万円の「特別定額給付金」オンライン申請でも活用されたマイナンバーカードですが、申込みから取得までは、約1カ月かります。9月のマイナポイント開始まであと2カ月程度なので、早めに申請し、取得しておきましょう。

    マイナポイントの予約は、「マイキーID」という専用のIDを設定するもの。スマホの場合は、「マイナポイント」アプリからマイナンバーカードを読み取り、パソコンの場合はICカードリーダーを使ってマイナンバーカードを読み取って、4桁のパスワード(暗証番号)を入力。これで、マイナポイントの予約が完了します。

    なお、スマホがマイナンバーカードの読み取りに対応していない場合や、サポートを受けたい場合は、「マイナポイント手続スポット」も用意されています。市区町村などの窓口で、マイナポイント予約が行なえるもので、「マイナポイント手続スポット検索」から住まいの近くのスポットを検索できます。


    EVENT

    7月
    10
    全日 テレビドラマの世界~スカーレット... @ 旧信楽伝統産業会館
    テレビドラマの世界~スカーレット... @ 旧信楽伝統産業会館
    7月 10 – 8月 31 全日
    テレビドラマの世界~スカーレットの舞台 甲賀市信楽~ @ 旧信楽伝統産業会館
    NHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台となった滋賀県甲賀市では、「テレビドラマの世界~スカーレットの舞台 甲賀市信楽~」を7月10日から開催します。 ドラマ放映中に開催されていた「スカーレット展」が新型コロナウイルスの感染拡大に伴い会期途中で中止となったことで、多くの皆様から再開を望む声が寄せられ、このほど新たな展示が実現することとなりました。 会場では、ドラマに登場した小道具や衣装の展示をはじめ、ヒロイン喜美子が陶芸に熱意を燃やした穴窯やかわはら工房、登場人物たちが通ったカフェ「サニー」のセットがスタジオから移築され、ドラマの世界観を体感できる見ごたえのある展示となっています。 <会  期> 令和2年7月10日(金)~(水曜休館) <開館時間> 9時~17時 <場  所> 旧信楽伝統産業会館(滋賀県甲賀市信楽町長野1142) <主  催> 信楽高原鐵道株式会社、信楽町観光協会、「スカーレット」で甲賀を盛り上げる推進協議会 ※入場無料 来場の際はマスクの着用など感染予防対策をお願いします。 なお、7月中は滋賀県内の方を対象とし、状況を見ながら8月以降は全国から来場いただけるよう段階的に拡大する予定です。 問い合わせ:会場直通TEL0748-70‐2466
    7月
    11
    全日 いまどき、しがらき、かやりき展 @ 滋賀県立陶芸の森信楽産業展示館ギャラリー
    いまどき、しがらき、かやりき展 @ 滋賀県立陶芸の森信楽産業展示館ギャラリー
    7月 11 – 9月 13 全日
    いまどき、しがらき、かやりき展 @ 滋賀県立陶芸の森信楽産業展示館ギャラリー
    会期:令和2年7月11日(土)~9月13日(日)月曜休館 場所:滋賀県立陶芸の森信楽産業展示館ギャラリー TEL0748-83-1755 蚊遣りとは蚊取り線香の入れ物のことです。今年も個性豊かな信楽焼のかやりき(蚊取り線香の入れ物)が勢ぞろい。熱い夏を涼しく彩るかやりきをぜひご覧ください。お気に入りを購入することもできます。
    7月
    18
    全日 特別企画「湖国滋賀の陶芸展」 @ 滋賀県立陶芸の森陶芸館
    特別企画「湖国滋賀の陶芸展」 @ 滋賀県立陶芸の森陶芸館
    7月 18 – 9月 22 全日
    特別企画「湖国滋賀の陶芸展」 @ 滋賀県立陶芸の森陶芸館
    期間: 2020年07月18日(土) – 2020年09月22日(火) 場所: 滋賀県立陶芸の森 陶芸館 主催: 滋賀県立陶芸の森、京都新聞 後援: 滋賀県教育委員会、甲賀市、NHK大津放送局 観覧料: 一般  500円(400円)/高大生 380円(300円)、中学生以下無料  ※( )内は20人以上の団体料金 展覧会概要 古来より風光明媚な景勝地として、多くの人々に親しまれてきた湖国・滋賀。びわ湖を抱くこの地は良質の陶土を育み、豊かなやきもの文化をつくりだしてきました。中世古窯のひとつ信楽焼をはじめ、近世には街道と〈まち〉を中心に、多彩な陶窯が開かれています。今日ではそうした風土や伝統に魅せられ、各地で幅広い作家たちが活動しています。  人の精神活動に生活環境が与える影響は少なくありません。四季折々に豊かな風情をつくりだす景観、そして歴史や伝統との出会い…。水と緑が織りなす湖国の自然や文化との対話は、造形に模様また色や質感など、作家の表現にもさまざまな形で作用しています。こうした彼らの創作活動は、湖国・滋賀を象徴する個性のひとつといえるでしょう。 湖国での日々の暮らしのなかで、彼らは何に興味や関心をもち、作品に表現しているのでしょうか。  本展では、この地の風土と伝統そして交流のなかで、活動を繰り広げる彼らの作品とを紹介。現代の多彩な陶芸を展望しながら湖国・滋賀の魅力に迫ります。

    LOCAL LINK

    にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ
    PAGE TOP