「竹」で作ったトイレットペーパーが話題

トイレットペーパーの製造には、年間約1,500万本の木が使われているらしい。
この数字は、森林伐採理由の約15%を占めるとか。恐ろしい数字です。

そこで木材に変わる原料が必要になり、竹が注目されたわけです。
竹は木材に比べると成長が早く、用途も少ない。

しかし竹のトイレットペーパーっていったい???
肌触りはいったいどうなのだろうか???

開発者いわく絹のような肌触りだそうです。
これは早急に購入して使ってみないと。
値段は少々お高いみたいですが、需要が高まれば安くなっていくんじゃないでしょうか。
もうパルプの時代は終わりを告げるかもしれない。
環境の事を考えても変えるべきかな。

 

 

 

, ,

TOPICS

  1. 長年行きたいと思っていた和歌山県の熊野古道に行ってきました。熊野古道は、熊野本宮大社、熊野速玉大…
  2. あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。まだまだコロナ禍の…
  3. 滋賀県竜王町の三井アウトレットパーク近くにある登山口から竜王山こと鏡山を目指しました。その後、立…
  4. 最近ハマっている登山。今週登ってきた山で14座になりました。まだまだ初心者なので、雪や雨などが降…
  5. 今回は登山がこれで初となる長女を連れて親子3人で、近江富士という呼び方でも知られている三上山に登って…
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ
PAGE TOP