「竹」で作ったトイレットペーパーが話題

トイレットペーパーの製造には、年間約1,500万本の木が使われているらしい。
この数字は、森林伐採理由の約15%を占めるとか。恐ろしい数字です。

そこで木材に変わる原料が必要になり、竹が注目されたわけです。
竹は木材に比べると成長が早く、用途も少ない。

しかし竹のトイレットペーパーっていったい???
肌触りはいったいどうなのだろうか???

開発者いわく絹のような肌触りだそうです。
これは早急に購入して使ってみないと。
値段は少々お高いみたいですが、需要が高まれば安くなっていくんじゃないでしょうか。
もうパルプの時代は終わりを告げるかもしれない。
環境の事を考えても変えるべきかな。

 
 滋賀県ランキングにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ

EVENT

3月
21
全日 特別展「リサ・ラーソン―創作と出... @ 滋賀県立陶芸の森陶芸館
特別展「リサ・ラーソン―創作と出... @ 滋賀県立陶芸の森陶芸館
3月 21 – 5月 31 全日
特別展「リサ・ラーソン―創作と出会いをめぐる旅」 @ 滋賀県立陶芸の森陶芸館
世界的に知られた陶芸家リサ・ラーソンの選りすぐりの作品とリサの身近で感化しあったアーティストたちの作品などを展観します。

LOCAL LINK

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ
PAGE TOP