ドラマや映画のロケ地として利用されている油日神社

スカーレットのお陰もあり、最近では甲賀市に様々な番組がロケに来られることが増えてきました。
油日神社もその一つです。

ブラタモリ」や「鶴瓶の家族に乾杯」、「わろてんか」「必殺仕事人」「信長協奏曲」など数々のロケが行われました。
先日そんな油日神社を訪ねてきました。

創祀年代不詳ではあるが、天武天皇の時代の創建と伝えられいます。
油日岳の山頂に油の火のような光とともに油日神が降臨したことから「油日」の名がついたと伝えられる。
また、聖徳太子が社殿を建立し油日大明神を祀ったとの伝承もある。(参照:Wikipedia)

拝殿に上がらせていただき、手を叩くと反響が鳴り響きます。
これは日光東照宮の鳴き龍と同じで、神主さん曰くこの拝殿は東照宮を建築した大工さんと同じ大工さんが約50年前に建築されたそうです。
楼門から入ると左右に立派な回廊もあります。

また、本殿・拝殿・回廊ともに檜皮葺(ひわだぶき)になっており、日本古来の歴史を感じることができます。
このような歴史を守り抜いていくのは本当に大変なことなんだと考えさせられました。

<油日神社>
〒520-3413 滋賀県甲賀市甲賀町油日1042
https://www.aburahijinjya.jp/

 
 滋賀県ランキングにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ

EVENT

7月
10
全日 テレビドラマの世界~スカーレット... @ 旧信楽伝統産業会館
テレビドラマの世界~スカーレット... @ 旧信楽伝統産業会館
7月 10 – 8月 31 全日
テレビドラマの世界~スカーレットの舞台 甲賀市信楽~ @ 旧信楽伝統産業会館
NHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台となった滋賀県甲賀市では、「テレビドラマの世界~スカーレットの舞台 甲賀市信楽~」を7月10日から開催します。 ドラマ放映中に開催されていた「スカーレット展」が新型コロナウイルスの感染拡大に伴い会期途中で中止となったことで、多くの皆様から再開を望む声が寄せられ、このほど新たな展示が実現することとなりました。 会場では、ドラマに登場した小道具や衣装の展示をはじめ、ヒロイン喜美子が陶芸に熱意を燃やした穴窯やかわはら工房、登場人物たちが通ったカフェ「サニー」のセットがスタジオから移築され、ドラマの世界観を体感できる見ごたえのある展示となっています。 <会  期> 令和2年7月10日(金)~(水曜休館) <開館時間> 9時~17時 <場  所> 旧信楽伝統産業会館(滋賀県甲賀市信楽町長野1142) <主  催> 信楽高原鐵道株式会社、信楽町観光協会、「スカーレット」で甲賀を盛り上げる推進協議会 ※入場無料 来場の際はマスクの着用など感染予防対策をお願いします。 なお、7月中は滋賀県内の方を対象とし、状況を見ながら8月以降は全国から来場いただけるよう段階的に拡大する予定です。 問い合わせ:会場直通TEL0748-70‐2466
7月
11
全日 いまどき、しがらき、かやりき展 @ 滋賀県立陶芸の森信楽産業展示館ギャラリー
いまどき、しがらき、かやりき展 @ 滋賀県立陶芸の森信楽産業展示館ギャラリー
7月 11 – 9月 13 全日
いまどき、しがらき、かやりき展 @ 滋賀県立陶芸の森信楽産業展示館ギャラリー
会期:令和2年7月11日(土)~9月13日(日)月曜休館 場所:滋賀県立陶芸の森信楽産業展示館ギャラリー TEL0748-83-1755 蚊遣りとは蚊取り線香の入れ物のことです。今年も個性豊かな信楽焼のかやりき(蚊取り線香の入れ物)が勢ぞろい。熱い夏を涼しく彩るかやりきをぜひご覧ください。お気に入りを購入することもできます。
7月
18
全日 特別企画「湖国滋賀の陶芸展」 @ 滋賀県立陶芸の森陶芸館
特別企画「湖国滋賀の陶芸展」 @ 滋賀県立陶芸の森陶芸館
7月 18 – 9月 22 全日
特別企画「湖国滋賀の陶芸展」 @ 滋賀県立陶芸の森陶芸館
期間: 2020年07月18日(土) – 2020年09月22日(火) 場所: 滋賀県立陶芸の森 陶芸館 主催: 滋賀県立陶芸の森、京都新聞 後援: 滋賀県教育委員会、甲賀市、NHK大津放送局 観覧料: 一般  500円(400円)/高大生 380円(300円)、中学生以下無料  ※( )内は20人以上の団体料金 展覧会概要 古来より風光明媚な景勝地として、多くの人々に親しまれてきた湖国・滋賀。びわ湖を抱くこの地は良質の陶土を育み、豊かなやきもの文化をつくりだしてきました。中世古窯のひとつ信楽焼をはじめ、近世には街道と〈まち〉を中心に、多彩な陶窯が開かれています。今日ではそうした風土や伝統に魅せられ、各地で幅広い作家たちが活動しています。  人の精神活動に生活環境が与える影響は少なくありません。四季折々に豊かな風情をつくりだす景観、そして歴史や伝統との出会い…。水と緑が織りなす湖国の自然や文化との対話は、造形に模様また色や質感など、作家の表現にもさまざまな形で作用しています。こうした彼らの創作活動は、湖国・滋賀を象徴する個性のひとつといえるでしょう。 湖国での日々の暮らしのなかで、彼らは何に興味や関心をもち、作品に表現しているのでしょうか。  本展では、この地の風土と伝統そして交流のなかで、活動を繰り広げる彼らの作品とを紹介。現代の多彩な陶芸を展望しながら湖国・滋賀の魅力に迫ります。

LOCAL LINK

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ
PAGE TOP